これまでのあらすじ:
2016年3月、フェルト生地を手で裁断している際にレーザーカッターがあれば複雑なカットが容易にできるなあと思って、安価になってきたレーザーカッターを購入しようと思ったのがきっかけ。調べていくうちに、合板も切れたほうがいいと思うようになって、CNCルーター(CNCミリング)についても考えるようになった。
Arduinoは以前から使っており、CNCシールドがあると気付いて自作も可能と思うようになった。当初はShapeOkoやX-CARVEを参考にMakerSlide、OpenRail、V-Wheel、2GTタイミングベルトなどで5万円くらいで自作しようと思っていた。AliExpressでも部品が安く買えることが分かって、しばらくは部品探し。探せば探すほど安くて本格的な部品も見つかってくるので、そんなにケチらなくてもいいのではないかと徐々にスペックアップ。最終的には剛性や精度のことも考えてボールスクリューやリニアスライドを使うことになり、予想以上に重厚な3軸CNCマシンをつくることに(約7万円)。
構想から約5週間(制作約3週間)でルーターとレーザーともに使えるようになり、現在はgrbl1.1+Arduino CNCシールドV3.5+bCNCを使用中(Macで)。余っていたBluetoothモジュールをつけてワイヤレス化。bCNCのPendant機能でスマホやタブレット上のブラウザからもワイヤレス操作可能。


CNCマシン全般について:
国内レーザー加工機と中国製レーザー加工機の比較
中国製レーザーダイオードについて
CNCミリングマシンとCNCルーターマシンいろいろ
その他:
利用例や付加機能など:
CNCルーター関係:

*CNCマシンの制作記録は2016/04/10〜の投稿に書いてあります。

2016年9月22日木曜日

X-CARVE(アップグレードされたみたい)

DIY/CNCで人気のあるX-CARVEが少しアップグレードされたみたいです。 サイズは500mm、750mm、1000mmの3種類。1000mm(作業可能エリア750mm)のものだと、スピンドルや余計な付属品を含めなければ以下の値段($1174/送料別)。


特に変わったのは、電源ボックスでしょうか。それとジャック式Z軸プローブがついています。
構造的には、X軸のレールが上画像(左下)のように、スクエア断面で両端にVレールがついたようです。
以前の部品だと、
こんな感じ↑で、片側だけにVレールがついていたはず。これを2本ならべてX軸に使っていたと思います。この部品を肉厚で1本にしてシンプルかつ剛性を高めたのでしょう。
それと以前の電源ボックスは以下。
新しいのにくらべると、たしかにごちゃごちゃしてるし、こっちは非常停止ボタンがないです。

あたらしいバージョンは、大きくは変わっていないけれども、微妙に細かいところが強化された感じです。これで12万円くらいならけっこうリーズナブルなのではないでしょうか。送料は1〜2円万くらいでしょうか?DeWalt611のスピンドルとマウントを足しても$159上乗せになるだけなので、いっしょに頼んだほうが安いと思います。DeWalt611だけでも日本で買えば3万円近くするので。

INVENTABLES(X-CARVEのメーカー)の部品はAliExpressでも売っていますが、この新しいタイプのものはまだ売ってないと思います。
従来の部品なら(片側にだけVレールがついているもの)、

AliExpress.com Product - Makerslide Aluminium Extrusion Buildlog 2X laser ORD bot 3 D printer CNC mill frame Aluminum Profiles MakerSlide Extrusion 50cm単位で1914円(送料込み)。

AliExpress.com Product - Solid V Delrin Wheel 5mm bore - V Rail V Slot Aluminium Linear Extrusion 3D Printer RepRap CNC v-wheel Makerslide Openrail そしてV溝ホイールは10個セットで2874円(送料込み)。

人気の投稿